あいとかなしみのものがたり2

※この文章には『下ネタ』が含まれますのでご注意ください。

『下ネタ』に対して不快になられる方には、閲覧しないことをオススメします。

あいとかなしみのものがたり2

あるところにひとりのおとこがすんでいました。そのおとこはまいにちかたみちを2じかんかけてがっこうにかよっていました。あるひのあさのできごとでした。

おとこがでんしゃにのったとき、でんしゃないにようちえんじがたくさんのっていました。ざせきはえんじでびっしり。しかたないので、おとこはつりかわをつかみざせきのまえにたちました。

ほぼさんとじゃれるこども、おとなしくそとのけしきをみるこども。ようちえんじでもいろいろいるもんだなぁ。おとこはしみじみとおもいました。

しばらくして、おとこがおりるえきがちかづいてきました。このとき、ほぼさんとじゃれていたこどものこういがかなり、えすかれいとしていました。

じゃれていたこどもはしばらくのあいだ、せんせいのあしにしがみついていました。しかしここにきて、「かんちょー、かんちょー」とほぼさんのまたぐらに、しょうめんからぱんぱんと、なんかいもてをあてました。そのこうけいをみたおとこは、いろいろ、ふくざつなおもいがのうないをこうさくしました。

それはかんちょーじゃなくて○○○というこういだよ、というえんじをしかるおもい。

おれものそのあそびにまぜてくれないかな、というおもい。

あぁ、えんじのときにおれもこのあそびをやっておけばよかった、というこうかい。

しかし、これらのおもいはくちにでることはありませんでした。でたがさいご、おまわりさんにごようになってしまいます。

えきにつきそうになりました。かんちょーごっこのこどもとべつのこどもがくしゃみをしました。てにはなみずがべっちょりとつきました。ほぼさんがしっせきしながら、じぶんのかばんにてぃっしゅがはいっていたか、さがしはじめました。ところがなかなかでてきません。

そのとき、でんしゃがえきにつきどあがあきました。いちぶしじゅうをみていたおとこがかばんからてぃっしゅをとりだし、「どうぞ」とだけつぶやいてほぼさんにわたしました。

「いいんですか」とほぼさん。おとこは「えぇ」とだけのこし、でんしゃをおりていきました。

おわり

------------------

つまり、『想いと行動は別』と言うことです。顔はどうなってたか、わからないけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピスタチオを詠む

あの時の 俺とお前と ピスタチオ

ピスタチオ 道路に捨てたら 有罪です

ピスタチオ 食べながら往く 一人旅

ピスタチオ ペンの代わりに 書いてみよう

ピスタチオ ふたつでひとつ ピスタチオ

ありがとう 祖父も喜ぶ ピスタチオ

ごめんなさい 無言のサインに ピスタチオ

御二人の 晴れの門出に ピスタチオ

試験前 夜食と言えば ピスタチオ

ピスタチオ お通夜のときも ポケットに

二股を かける時にも ピスタチオ

卒業の 代名詞と言えば ピスタチオ

発熱の 症状を抑える ピスタチオ

かまぼこの 原料と言えば ピスタチオ

プロレスの リングの上に ピスタチオ

ピスタチオ 逮捕されても お友達

マラソンで 給ピスタチオ ありがたい

腕時計 腕ピスタチオに 取り替えて

大掃除 箒といえば ピスタチオ

ピスタチオ 湯呑みに立ったよ 縁起がいい

給食で ピスタチオだけ それもアリ

カレンダー 印の変わりに ピスタチオ

給料の 代わりにあげよう ピスタチオ

ピスタチオ 食べ放題の 焼肉屋

ピスタチオ 食べ放題の ラーメン屋

ピスタチオ 食べ放題の 仏具店

ピスタチオ 食べ放題の ペットショップ

ピスタチオ 犬と本気で 奪い合い

ピスタチオ レンタルショップで 借りてこよう

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ホント、ごめんなさい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おかんと闘う

みなさん、こんばんわ。

実際のおかんと喧嘩したわけではありません。

職場内で、おかんと歳の近い人と熱いバトルを繰り広げた、ただそれだけの話です。

弊員は今、某物流倉庫でアルバイトをしています。

物流業界にはトータルで8年間居ついています。たいていのことは知っています。

あ、この自己アピールは話の本筋とあまり関係ないです。

~~~~~~~~~~~~~~~

1台のソーター(ベルトコンベアのようなもの)を想像してください。

そこで、流れ作業で出荷作業をしています。

上流の人がダンボールを次々にコンベアに乗せ、他の人がどんどんそのダンボールに出荷されるべき商品を入れる。下流の人が伝票入れて、封をして。

大体そんな流れで今のアルバイト先は動いています。

今日は弊員、上流でダンボールを流す作業を任命されました。

しばらくして、作業に励む弊員に異変が起きました。

作業を促すために上流からダンボールをプッシュしなきゃいけないんですが、

ダンボールがピクリとも動かない。

顔を上げると、商品を入れる係のおばちゃんがダンボールを止めていました。

おばちゃんの手前の人が流れに追いつけず、それを見かねてダンボールを止めた模様。

「作業の流れを止めないでください!」

その一言で済むのにムキになって、

無言で押し返しちゃった。

いや~、この業界に長いこといるけど、初めてだよ。

コンベアの上でダンボールを押し合うの。

おばちゃんの方も俺が押し返しているのに気付いたらしく、さらに力を込めてきたね。

途中で「何やってんだろ、俺」と思って押すのをやめたよ。

このタイマンの結果が、

物流業界に何一つ良い影響を与えてないって事はわかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなでやってみよう!昔の遊び

『テレホン相撲』

遊ぶ人数:2人~

用意するもの:

・携帯電話 2台

・お相撲さん 2名

・行司さん 1名

・トランプ

・ほうれんそう 1束

遊び方:

①まず、お相撲さんに携帯電話を1台ずつ持ってもらいます。

②お相撲さん2人を別の場所に移動させます。距離は5km以上離してください。

※行司さんはどちらかに同行させてください。

③程よい距離になったなら、携帯電話を介して「はっけよ~い!」。

④実際の取組をイメージしてもらい、顔、声、ポーズのみで相撲をとってもらいます。携帯は常に耳元に置いたままにしてもらってください。

⑤よく考えたら取組中にあまり声は出さないので、顔、ポーズのみですね。

⑥飽きた頃にトランプで遊んでください。

⑦ ①~⑥を千秋楽まで繰り返し、終了します。

| | コメント (0)

あいとかなしみのものがたり

あるところにひとりのおとこがすんでいました。

そのおとこはまいにちかたみちを2じかんかけてがっこうにかよっていました。

しかしあるひ、ようじがかさなってしまいがっこうといえのあいだを2おうふくすることになってしまいました。

これはとてもたいへんなことです。

いっぱんてきなせいじんだんせいなら、ねをあげてしまうところです。

それでも、おとこはもんくのひとつもいわずでんしゃにのりつづけました。

むしろ、すがもでおばあちゃんにせきをゆずるくらいです。

そんなおとこをくものうえからかみさまがみていらっしゃいました。

そしてかみさまはこうおっしゃいました。

「おお、このすさんだげんだいにもこのようなけなげなおとこがいるものか。このおとこにはなにかほうびをくれてやろう。」

そしてかみさまは、おとこにぷれぜんとをしました。

でんしゃが1じかんとまるというぷれぜんとを。

さいごのさいご、もよりえきのてまえで。

いやほんとね。しんどかった。かみさまはいいおとしかたをしってらっしゃる。

よのなかきびしいよね!!

| | コメント (0)

企画室ミーティング

前回書かせていただいた通り、曲のタイトルが青汁になった経緯を説明します。

****************

~企画室ミーティングにて~

室長「ミーティングを始めてください。テーマは曲のタイトルについてです。」

弊員「…製作部からいい曲が上がってきたよね。」

N君「…そろそろ、製作部と企画室は同じ人が運営してること告白してもいいんじゃない?」

弊員「…」

弊員「で、この曲のタイトルなんだけど。」

N君「え?無視ですか?」

弊員「最近、飲み物をタイトルに持って来てる曲が多いから飲み物シリーズ第3弾にしようと思うんだけど。

N君「会話のキャッチボールは大切だよ。」

弊員「何か、カッコいい飲み物系のタイトルはありませんか?」

N君「もしかして君は、悪球投げ、悪球打ちかい?」

弊員「Greentea、coffeeと来てるから…」

N君「もはや、ミーティングじゃないんですけど。一人漫談なんですけど。」

室長「じゃ、和の飲み物で。」

室長「ん~、あおじる。」

N君「気分が悪いので、退室します。」

室長「その次は、おしるこだな。」

弊員「その次は、甘酒ですな。」

室長「その次は…」

このミーティングは2人の間で白熱し、夜中の12時まで名前を出し合いました。勢い、次の曲のタイトルまで決まってしまいました。おしるこって。

『こんなミーティングばかりだから、この会社は稼ぎが無いんだなぁ』そう考えると、夜も寝れない弊員です。

Mugamba-Records企画室スタッフ

| | コメント (0)

おみやげ

先日、プチ帰省した弊員です。

母親がシンガポールからの旅行帰りだったのでおみやげをもらいました。弊員の好物を覚えていてくれたらしく、ホワイトチョコをいただきました。そこで今回はそのホワイトチョコについて検証したいと思います。

Img_0337_1 …ドリーム。「夢見心地な味わい」と言ったところでしょうか。タイトルから勝負を仕掛けてきています。

しかし、よく見ると…、

Img_0339  「リアルホワイトチョコレート」のサブタイトルがありました。さすが、舶来の品らしく、無駄な能書きが一切ありません。ただひたすらに、「俺は美味いんだ」アピールのみで勝負してきます。ドリーム≠リアルという気もしますが、シンガポールの方はそんなこと気にしない模様です。

Img_0341 と、ここまで書いて裏面を見ると、「メイドインオーストラリア」の文字が…、母上、本当に行ったのはシンガポールですか?飛行機乗り間違えてないですよね?

味のほうは…、むぅ、あ、甘~い!砂糖入れすぎ!甘すぎて夢を見れません!…これは確かにリアルだ。

母上、どうせならロイズの生チョコをおみやげに…。息子が本当に喜ぶのはこっちです。次回の旅行は北海道をお勧めします。

Mugamba-Records企画室スタッフ

| | コメント (0)

企画室ミーティング

またミーティングを行ってしまいました。詳細をご報告させていただきます。

室長「そろそろうちの会社にもキャッチフレーズが必要だと思うんだ。」

N君「…」

N君「どうする、アイ○ルみたいなやつですか?」

室長「そう。まさにそれ。」

弊員「いいですね、それ。どうでもいいけど仕事してないですね。僕ら。

室長「…どうする?」

N君「アイ○ル!」

弊員「二人そろってウザいから。」

室長「二つの単語で韻を踏んでいれば、カッコいいんだな。多分。」

N君「んー、アラン・ドロンみたいな?

室長「それだ、そういうやつだ!」

弊員「韻は踏んでるけど、人名だよそれ。」

室長「ムガンバで韻を踏むとなると…」

N君「ウガンダ!」

弊員「国です。」

N君「…ミサンガ!」

弊員「わっかです。」

N君「… …セクハラ!」

弊員「君がやりたいだけだろう。韻踏んでないし。」

室長「……………………………。」

室長「そろそろ昼だし、ま、街にセクハラしに行かない。」

室長は目の色を変え、部屋を飛び出し、しばらく帰らぬ人になりました(社会的に)。

Mugamba-Records企画室スタッフ

| | コメント (0)

企画室ミーティング

本日、室内ミーティングが開かれましたので、詳細をご報告させていただきます。

室長「今度、会社でキノコを作って売ろうと思うんだけど。」

N君「この会社にキノコ栽培に適した部屋は無いと思いますが?」

弊員「…いや、根本的な所を反対しようよN君。」

N君「具体的な販売戦略はあるんですか?」

弊員「そこじゃねーよ。」

室長「…、うちの企画室で育てて全国直配。契約しているアーティストのライブでキノコかじりながら登場してもらうの。ヘラヘラしながら。これで宣伝部分はクリア。どうよ?」

弊員「あの、警察に宣伝することになっちゃうんですけど。さらに今、ウチと結んでるアーティストは一人だけなんですけど。」

N君「じゃ、配達のドライバーは僕がやります。室長は真心こめてキノコを作ってください!!」

N君「あ、室長。」

室長「なんだね?」

N君「キノコをかじりながらの配達はオッケーですか?」

室長「オッケーだ!!俺も育てた傍からかじりつくぜ?」

弊員「え~、では今日のミーティングを纏めると、二人とも妖しいキノコを食べたい。といったところですね?おまわりさんを呼んでおきましたので、大人しく連行されてください。

このミーティング後、2人とも職務質問、及び、精神鑑定を受けました。

おまわりさん曰く「ミーティングは保護者同伴でお願いします。」

いい歳こいて保護者同伴の出社は哀れだな、と思う弊員でした。

Mugamba-Records企画室スタッフ

| | コメント (0)