歌わない歌姫2

ひとまず友人からの作曲依頼ミッションをコンプリートした。

しかし友人がそこにアイデアを乗っけるそうなのでまだしばらく打ち込みの作業は続くようだ。

「このまま、オオグロマキに脳内ステージを独占させていいのか?」

…いや、善くない。

それでは曲のイメージが凝り固まってしまう。

なんとかせねば…

愚か者の出した結論は「よし、ボーかロイドを買おう!」

よくわからないジャンルだけど、お店に行けば何とかなるでしょう。多分。

軽い気持ちで明日を迎える愚か者であった。

つづく。

|

歌わないディーバ

友達に曲を作ってくれとお願いされた。J-POPというかアニソン風味な奴ってことで。

まず、発注先間違ってる気がするんだがとりあえず安請け合いした。

作業にとりかかる。

頭の中でシンガーをイメージして歌わせる…。それを打ち込んでコードをつければ言いだけの話。楽勝と踏んでいた。

が、ここで重要な問題が発生した。

どれだけ脳内でイメージを膨らませても浮かんでくるのは大黒マキ(字忘れた)。

友達からの資料(けいおん)を聞いた後でもオオグロマキ(カタカナだと迫力が違う)。

CDを持っているわけでもないのにオオマグロマキ。

出来上がった曲もなぜかビーイング系の雰囲気がたっぷり…

俺はアニソンをなめてたわ。マキが俺の脳内ステージ独占だわ。

|

http://www.myspace.com/afro9696

3~4曲Upしました。

パソコンを買い替えてから、打ち込み用のソフトを購入しておらず最近作った曲は無いんですが…

|

トマトは熟れ過ぎると腐る

音楽的に倦怠期でござる…。

音楽を打ち込みから始めて11年経つんだけど、この精神的なカタストロフィは初めて。

気持ちのなすがままにすべきなのか抗うのか、それとも別の何らかの興味対象でごまかすのか。

どないしようか。

|

myspace

http://www.myspace.com/afro9696

登録してみました。

|

神様、すみません。

池袋ジャ・ズフェスティバルに参加する運びとなりました。
ご都合のよい方、ぜひ遊びに来てくださいm(__)m

まじめにやるので笑いどころやオチはありませんが、一生懸命緊張しますので、何卒よろしくお願いします!!

バンドは5人編成で、僕のパートはカレーが大好きな力持ち的ポジションです。

いやぁ、こういった告知を日記で書くのが初めてなので、今、かなり緊張してます。緊張のあまりいつものふざけた感じで、ピュアなソウルをカモフラージュ。

以下コピペ
☆2010池袋ジャズ・フェスティバル
 http://www.ikebukurojazz.com/band.html
 日時:5月15日(土)15:00~15:30 
 場所:4、タワーグランディア会場
 『我孫子ハードバップ予備校』で出てます。
 演奏時間が短いので4~5曲だと思います。

|

帰ってきました。

何ていうんですか、人がいっぱいいすぎて叩けませんでした。

家族連れの方がいっぱいいすぎて、僕がまるっとアウトサイダーで痛い子だったので、

何もせず帰ってきました。

食料買い込んでしまったので大変です><

|

行ってまいります。

人生3度目の一人ドラム合宿へ。

山へ。

お土産はカエルがいいですかー?

それともバッタがいいですかー?

|

土手にも春が来た。

おっちゃんビックリしました。

まさかあのタイミングで「タイコやってんの?」って声をかけてくるなんて。

犬の散歩中のおばちゃんが声をかけてくるなんて。

あのタイミング?

やだなぁ、もう。

立ちションですよ。タ・チ・ショ・ン!!

正確に言えば、用を足そうとしてモノをモロッと出そうとしたちょうどその時ですよ!JUST DO ITな時ですよ!

「なんかやってよ!」

「なんかやるとこだったんだよ!(心の声)」

強引なおばちゃんに圧倒され、ドラムキットの前へ。※尿意我慢中。

「ベンチャーズが好きなんだ。それっぽいのやってよ!」

…ズンタタズンタ、ズンタタズンタ…※尿意我慢中。

「うまいねえ!じゃ、あれやって、石原裕次郎のあの有名なやつ!」

「おいらはドラマーってやつですか?」※尿意我慢中。

「それそれ!」

「サビの部分しか知らないですよ。」※尿意我慢中。

「いいから、歌いながらやって、サンハイ!」

「おいらはド~ラマ~、やくざなド~ラマ~、おいらが叩けば(あ、ちょっと出た)あ~らしをよっぶぜ~」※それでも我慢。

「うまいね、あたしゃカラオケ教室を…」※話が長いんじゃ~!膀胱が悲鳴をあげとるんじゃ~!

…その後さんざんしゃべり倒しておばちゃんは去っていきました。

これで膀胱炎になったら裕次郎のせいなのか、おばちゃんのせいなのか、思案をめぐらせつつ放尿の悦に浸る日差しの心地よい日なのでした。※もう我慢しなくてもいいんだよ。

つづく。※つづきません。

|

よい大人のドラム教室⑧

やっぱ枯れてる大人はカッコイイよね!!

…まぁそんなことは全然ないんですが、今回は「シンバルをカスタマイズしよう」の巻です。

市販されているシンバル、ちょっと音にオリジナリティが無いよね、とちょっとでも考えたことがある方は挑戦してみましょう!

Img_1644 量産型のシートシンバル(ガンダムで例えるとザク)を準備しましょう。

どうやってカスタマイズするか?

それは、「青錆を増やす」という逆転の発想で、落ち着いた音を出す方法です。

それでは早速準備をして実験をしましょう!!

Img_1646 とりあえず錆が付きそうなものをシンバルにかける。

小学生が考えそうなものをチョイスしてみましょう。

左から、水、食塩、酢、です。どこの家庭にもありますね。その他、思いついた液体があれば、どんどんトライしてみましょう。ムヒとか、目薬とか。

Img_1647 それらを全部混ぜ、その液体にシンバルをぶち込みます。

Img_1649 ②液体が青くなることを確認しましょう。

多分、もともとシンバルについてた錆が取れています。

Img_1645 ←カスタマイズ前の裏面。

③あせって液体からシンバルを取り出します。

Img_1650_2 ④さらに動揺して食塩をそのまま振りかけます。

小学生のころを振り返りましょう。まさか大人になってシンバルに塩を振りかけているなんて想像もしなかったはずです。ひとしきり落ち込んでください。

Img_1651 ⑤食塩の乾いた後だけが残って出来上がり。

3日ほど、自分の人生を回顧してこの実験を行ったことを後悔します。

いかがでしたか?よい大人のドラム教室。次回のテーマは「やってみよう!シンバル手裏剣!!」です。

お楽しみに!!

|