« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

また余計なことを閃いた(5)

120513_1556012度の爆発後、3つに分裂すれば完成です。

いつものことですが、ブログを書いていて飽きました。いや、カホンを作ること自体は楽しいんですけどね。作業をいちいち止めて写真とって、ブログに書いてって考えたら凄いめんどくさくなって更新を放り投げた態です。

周りの知人(ドラマーやパーカッショニスト)にカホンを作っている旨を報告したら3人中3人が、「もっと作ったほうがいい」みたいなことを言いやがるんですね。

こっちは内心「言うだけの方は楽だよな」とか思っているんですが。

それでも納得のいかない部分は多々あって、4つ目を作ってやろうとは考えています。

工作って、設計図の段階でイメージがはっきりしていない部分は絶対に失敗します。で、その部分の作業に取り掛かると「ああ、こうすればうまくいく」みたいな閃きがあります。でも直さない。自分の悪いところで修正が面倒に思えてしまう。「次に作るやつでうまくやればいいや」と、あきらめてしまい取りあえず完成させてしまう。その結果、個数が増えていって現在に至るわけです。

これ、何個作れば満足するんでしょうか?作るたびに出来は良くなってきていますが、ゴールは果たして存在するのでしょうか?

僕もなかなかいい狂い方が出来るじゃねえか、と自画自賛しつつ4つ目に着手しようと思います。

|

それは僕のです。

今朝、コンビニでコーヒーとタバコを買った。

店員A「600円になりまーす。」

僕は千円を店員Aに渡した。

店員B「からあげ君、只今20%増量中でーす!!いかがでしょうかーー!!」

店員A「400円のお返し、いかがでしょうかーー!!」

僕「!?」

店員A「!?」

~おわり~

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »