« 事初め | トップページ | ドナドナ »

VS.スイーツ

この記事で200回目で~す。こんばんは。

今回ちょっと長めの小話です。

半年前、隣町に「スイーツパラダイス」なるお店がオープンしました。

スイーツがバイキングで楽しめるという甘党にはたまらないお店です。

実は弊員、大の甘党。

しかし周囲の人は、甘党を認めてくれてもいっぱい食べるという部分に関しては、疑問視しています。

よし、ならば、スイーツパラダイス略してスイパラにてそれを証明しようじゃないか。というのが今回の趣旨です。

しかし、お店に入るのが一苦労。なぜなら、そのお店は女の子向けのファッションビルの中にテナントを構えているからです。

男同士、ましてや独り身での潜入ミッションは非常に危険だと思われたので、女の子の友達を誘って潜入することにしました。

…。

お店の前で女の子と来てよかったと、つくづく思い知らされました。

お店の中、見渡す限り女性です。

もし男同士で来ていたら確実に、店内への潜入は断念していたでしょう。

そして、席に案内され着席しました。

テンションが上がってきました。

今回は自分ルールを考えてきました。

・誘った子を差し置いて黙々と食べる(失礼だと思われても)。

・ドン引きされてでも量は食べる。

・最低1ホールくらいは食べる。

制限時間は70分。

早速、お皿にケーキどもを盛りつけます。

090108_143801 上から時計周りで、イチゴショート、ティラミス、イチゴタルト×2、チーズケーキ、チョコレートケーキ、チーズケーキその2。

どれもおいしいです。

スポンジは、しっとり、生クリームも鮮度良好です。

10分程度で平らげて2皿目に行きました。

090108_145401 上から時計周りで、シフォンケーキ、盛るのを失敗して砕け散ったレアチーズ、倒れた抹茶ババロア、倒れたイチゴババロア。

見た目が非常にいたただけない感じですが、今日一番大切なことは「量」です。

20分ほどかかって平らげました。

ここで重要なポイントに気付きました。

スポンジ、タルト、パウンドの摂取を控えれば結構食べられるということです。

ババロアやムースの類を中心に攻めれば、まだいける。そう思いましたが、腹八分の状態でした。

1皿目が全体的に重めの構成だったのと、2皿目のシフォンが効いているようです。

それでもがんばって漢の3皿目。

090108_151701 上から時計周りで、いちごシュー×2、レアチーズ、リンゴのタルト、何かわからないけどショートケーキらしき物、和風チーズタルト。

さっき得た知識はなんだったんでしょうか。重たい物メインの構成になってしまいました。

この時点で冷静さはほぼなくなっていることがわかります。

最初に、真ん中で寝そべっているショートケーキから攻めます。

これが手ごわい。一気にお腹がいっぱいになりました。

時計を見ました。

まだ30分近くあったのでコーヒーブレイク。

ブラックを飲んで口の中を整えます。

そして再び、戦闘開始。もうこの時点で味覚は崩壊しています。個々のケーキの味がわからなくなり、ただ甘い物が口の中を通って行くだけでした。

…。

タイムリミットの5分前になんとか食べきることができました。

同伴の子もマイペースで食べ続けてくれたので、気を使うことなく黙々と食べ続けることができました。感謝です。

ひとまず、自分ルールと最低目標は達成されたのでよかったです。

今回の荒行でわかったことが3つありました。それは、

・甘い物は、たまに、ちょっと食べるからおいしいと感じるということ。

・ゲップが甘くなるということ。

・晩御飯がいらなくなるということ。

人生初のケーキバイキング、多分限界にチャレンジすることはもうないと思います。

このチャレンジって、健康に良くないんじゃないかって気がしてきたからです。

|

« 事初め | トップページ | ドナドナ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58879/26938520

この記事へのトラックバック一覧です: VS.スイーツ:

« 事初め | トップページ | ドナドナ »