« 因果 | トップページ | ノれない »

民度

とある晴れた日、車道の脇の歩道を歩いていたときでした。

僕の横には信号待ちで渋滞をつくった、自動車の列がありました。

その自動車の列の1台から僕の方に、何かが投げ捨てられました。

10cm四方の物だったのですぐ気付きました。

地面に落ちたものを見てみると…

鳥さん… ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

何事かと思い、投げ捨てた方の自動車を睨みました。

その車には、50代の男性と10代半ばの男性が乗っていました。

多分親子でしょう。

その父親の方が、

「窓を開けておいたら入ってきて、ぶつかってぐったりしちゃって。死んじゃったかな?ウハハハハ。」

ってことをほざくんですね。

それを聞いていた息子の方は半笑い。

深く悲しめ、とは言いませんが、笑う箇所ではないと思うんです。

僕は無言でずっと、信号が青になるまで、そのダメ親子を睨みつけてました。

車が行った後、

鳥さんはもうすでに息をひき取っており、遺体を近くの草むらに置きました。

日本はいつからそんなデリカシーのない、野蛮な国になってしまったのでしょうか?

|

« 因果 | トップページ | ノれない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58879/21423080

この記事へのトラックバック一覧です: 民度:

« 因果 | トップページ | ノれない »