« 心の叫び | トップページ | ともだち »

1999

今、CDを聞いてます。

むしろ聞きくらべていると言った方が適切かもしれませんが。3枚を聞き比べている風味です。

Misia,Silva,Birdの各ファーストアルバム(タイトルは面倒なのでカット)。

このうちMisiaのは昔から持っていて、SilvaとBirdのは先日ブックオフでそれぞれを250円でゲット。安い…。

で、聞き比べた感想は次の機会に。まだよく聞けてない部分もあるので。

それよりもこれらの作品が作られた1999年頃に想いを馳せてしまいました(Misiaのは98年)。

この年はMisiaがデビューしたのを皮切りにSoul/R&B系ディーバがこぞってメインストリームに出てきた年。

上記の3人以外にも、アッコとかTinaとかいろいろ出てきた記憶があります。

さて、その頃メインストリームやらディーバやらとは無縁な場所で弊員は生きていました。

ちょうど大学4年生、人生で一番危険な(脳内が)時期を過ごしていました。

就職活動を始めようとしていたときに、うっかりドラムを始めてしまったあの禁断の年です。

…。

何であの頃は、あんなにパッパラパーだったんだろう。

形容詞がパッパラパー以外に見当たらないぐらいパッパラパーだった。

目の前の事象にただひたすらに喰いついて、一生懸命だった。先のことなんて考えちゃ無かった。

アルバイト、ドラム、打ち込み、スケボー、就活、くだらない遊び…、あ、勉強はやった記憶があまり無い。

10年位前の、後先を考えない、ただひたすらに目の前の事に集中する無心さが欲しい。

無いものねだりだけど、その気持ちを取り戻したい。

『1999』この数字を見て色々考えてしまいました。

|

« 心の叫び | トップページ | ともだち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心の叫び | トップページ | ともだち »