« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

間違いは、ないはず

先日、気分転換に「晩飯でも作っか!」という気分になりまして、

半年振りにご飯を作りました。

野菜炒めとご飯でいいやと思い、スーパーで野菜などを買いあさって、いざ台所へ。

手際よく準備をし、野菜をさくさく切ります。

肉に下味をつけるのに塩コショウを…。

む、塩コショウが固まっている。

気を取り直して、容器を振りその場を凌ぎます。

フライパンに油を敷き、肉を焼き始めます。

そして、切った野菜を入れ味付けをします。

砂糖、塩少々。

醤油、賞味期限切れ。

みりん、賞味期限切れ。

料理酒、賞味期限G…って、

全滅ですか?調味料?

調べてみたところ、下の絵に写る方々が今回昇天していました。

Img_0405 そのほとんどが、半年前に期限が切れていました。

それでも、料理を作る手を止めるわけにはいかなかったので、

賞味期限の欄を見なかったことにして、野菜炒めを作りました。

半年の間、料理をしていなかったので見た目は良くなかったです。

調味料の量も、目分量でコントロールできませんでした。が、

甘すぎ、しょっぱすぎ等の次元を超えて、味が変です。

味覚のビックバンが起こりました。

「この味わいは…!?」

…とりあえず、味覚を無視して残さず食べました。

ご飯はちゃんと感謝して食べなきゃだめですね。痛感しました。

Mugamba-Records企画室スタッフ

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »