« 渋谷~原宿を歩く | トップページ | 彼は成長期 »

よい大人のドラム教室

今日はドラムの練習場所を探してきました。

わが社では『ドラムの練習場所探し』は義務になっております。社員の皆様のため、ここにそのコツを記したいと思います。

①基本は野外の公園。雨上がりの翌日がベスト(理由は後ほど説明)。

②半径100m内に民家が無いことを確認する。

Img_0306_1 人影も無し。

Img_0312_1 ③ドラム禁止かよく確認する。バイクやゴルフが禁止されている公園は多い。この公園はセーフ。

④地面の材質を吟味する。

Img_0304  Img_0307 Img_0305左から、土、レンガ、アスファルトだが正解はアスファルト。土はドラムが汚れるので×。レンガは繋ぎ目の部分がキットによく引っかかるので×。

⑤程よいアスファルトが見つかったら、そこの水はけ具合を確認する。『水溜りがある=地面に凹凸がある』この方程式にあてはめれば、セットしやすい平らな地面がみつかる。

⑥見つけたポイントでボールを置いてみる。傾斜を調べる。転がるようだと×。

①~⑥を全てクリアできればそこは最良の演奏ポイントと言えます。

後は犬の糞、自転車との衝突事故、ギャラリーの目線等に気をつけて、練習を楽しんでください。

Mugamba-Records企画室スタッフ

|

« 渋谷~原宿を歩く | トップページ | 彼は成長期 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷~原宿を歩く | トップページ | 彼は成長期 »